抜け毛と遺伝の関係について


抜け毛や薄毛は遺伝的な理由であるため、自分には抜け毛の対策は立てようがないと考えている人がいます。

父親が髪が薄いから、母方の男性の親族は皆はげているからと抜け毛の対策をしてもしょうがないと諦めていませんか。

抜け毛は遺伝すると昔から言われていますが本当でしょうか。

本当は抜け毛が強い遺伝によって起きているという人は、全体の4%に満たないといわれているようです。

家族みんなが抜け毛に悩んでいるという場合、同じような生活や食事をしていることが要因となっていることがほとんどです。

シャンプーの回数や食生活が偏っているなど、家族に共通することが原因でみんな抜け毛になってしまっているのではないでしょうか。

この場合は、一見して遺伝のようですが、実は生活習慣や食習慣の改善によって抜け毛対策が可能です。

遺伝が原因で抜け毛が起きるかどうかは、未だ研究途中だといいます。

遺伝で起きる抜け毛だと言われるものに、男性型脱毛症があります。

薄毛の原因だといわれているのが、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの過多だといいます。

育毛剤の中でも人気があるのが、ジヒドロテストステロンを増やす5αリアクターゼの働きを弱らせることのできるものだといいます。

抜け毛対策をしても遺伝によるものは意味がないとあきらめている人もいますが、正しい抜け毛対策をすることによってかなり症状を良くすることはできるでしょう。